快感下さい

コミック

東さんはお固い感じからは想像がつかないほど強引で、クンニもとっても上手な人でした。親友の小百合の彼氏とエッチしている後ろめたい気持ちで余計に興奮しながら、これは一度だけの遊びだと思って快楽に酔いました。だけど、それで終わりにはならなかったんです。彼氏の啓介とはまったく違う、東さんとの変態的な行為が私にはあっていたみたいです。たっぷりと浣腸されて、我慢の限界に達して排泄してしまった私の汚いお尻の穴に、東さんの反り立つモノをズブズブと入れられて、私は激しく悶え、どうしようもない快感に浸ってしまったんです。