奇妙なパーティ

コミック

義兄の和男さんに誘われていったパーティが、スワッピング乱交のための集まりだったなんて、想像もしませんでした。私は丸裸にされて、体中を男たちの玩具にされました。脚をひろげられて、みんなの視線が私の股間に集まり、濡れてもいないオマ○コにいきなり太いバイブを入れられてしまいました。始めは痛くて苦しかったのに、絶え間なく続く振動は下半身がしびれるほどの快感を私に与えたんです。オマ○コをバイブで刺激され、乳首を乱暴につねられて乳房を揉まれ、ペニスでアナル凌辱されているうちに、私の中で何かがはじけとんでいきました。