私じゃダメなの?

コミック

私は浴衣の胸元から豊満なオッパイをわざとちらつかせました。若い彼は、私を見て興奮しているようでした。彼に寄り添って股間をまさぐると、ソレはすごくたくましく盛り上がっていました。彼のモノをズボンの上から撫で回すと、欲情した彼が突然私を押し倒し、浴衣をめくってオッパイを吸ってきました。ダメ…夫の前で…。そう思って夫の方を見ると、裸になった三枝さんの股間を夫がペロペロと舐め回していたんです。あんなこと私にはしてくれないくせに…。私は嫉妬を感じて、目の前の彼のモノをむき出しにし、ピチャピチャとしゃぶり始めました。