愛人志願

コミック

付き合っていた若い彼と体の相性が合わなくって、欲求不満をつのらせている時に出会った義人さんは、渋い中年のオジサマ。舌使いやテクニックがものすごくって、私はすぐ義人さんとのエッチに溺れていったの。奥さんがいる彼の愛人でかまわなかったのに、奥さんと別れて私と結婚したいだなんて。私は全然そんなつもりじゃないのに…。でも、体は拒めないなんて、私ったらスケベな女。料理をしている最中にも求めてくる義人さんに、後ろからパンティをおろされ、入ってこられて感じちゃう私。こんな体だけの関係なのに、これからどうすればいいの?