トリプルプレイ

コミック

俺はどうしてももう一度、お前がイク顔を見たいんだ。という主人の言葉を合図に、主人の弟、隆雄さんが私に抱きついてきました。無理矢理脱がされ、犯されていく私を、夫は冷たく残酷な表情で正視していたのです。年齢のせいか不能になってしまった夫の目の前で裸にされ、指でクリ○リスを摘まれ、オマ○コの中を掻き回されて悶えた私。正直言ってこんなに感じたのは初めてでした。隆雄さんにペチャペチャ舐められて愛液を溢れさせたオマ○コに、太いペニスが入ってきた瞬間、私は夫が見たがっていた淫らな表情を浮かべていました。