見習い女王様

コミック

許して下さい…と懇願する彼をムチで打つと、痛みにうめきながらも股間のモノは段々と大きくなっていきました。この紳士は本当にマゾ男なんだ、と思うとゾクゾクしました。彼に足をさしだすと、おいしそうにペロペロと指の間まで舐めていました。私は彼の顔面に股間を押しつけて、オマ○コを舐めさせているうちに興奮してきて、オシッコを彼の口の中へと垂れ流しました。そして彼の下半身に馬乗りになって、硬くなったオチ○チンを奥深くまで受け入れて、オシッコと愛液でドロドロになったオマ○コをヒクヒクさせながら快楽をむさぼりました。