義兄と義弟にふたつの穴を

コミック

母の再婚相手には、二人の息子がいました。義兄と義弟は私の着替えやお風呂を覗いたり、時には体を触ったりしました。嫌で仕方ありませんでしたが、この事が原因で母がまた離婚することになったらかわいそうでなりません。我慢していた私ですが、両親の留守に、とうとう義兄弟が欲望の全てをあらわにしたんです。二人がかりで私を脱がせると、オッパイやアソコを指と舌でもてあそんだばかりか、犬のような格好になった私を挟み込むように、口とアソコにペニスを入れてきました。さらに、アソコとアナルを同時に、何度も犯し続けたんです。