私の渇きを癒して

コミック

薄暗い路地で交際中の彼と抱き合っていました。服の上から体を触られ、自然とアソコがジットリしてくるのが分かりました。その時、私たちは態度の悪い若者たちに囲まれてしまったんです。彼は暴行されて失神し、私は裸にむかれて嬲られました。男のモノを受け入れる準備などできていない私のアソコに、彼らが次々と入ってきて、ギシギシと肉体が悲鳴をあげました。彼らにいたぶられているうちに頭は真っ白になりました。3人の若者たちは、私の口とアソコ、そしてアナルを同時に貫いて激しく犯し、そしてドクドクと液体を注ぎ込みました。