ボクのママ (1)

コミック

念願のマイホームを手に入れた私でしたが、通勤に時間のかかる主人はワタシのカラダを求めて来なくなってしまいました。長葱でオナニーしていると、息子たちが帰って来ました。二人は一緒にお風呂に入ろうと誘ってきたのです…。