凌辱に目覚めた私

コミック

アヌスをイジメられるなんて初めてなのに、指を動かされるたびに感じるこの甘い感覚にムズムズして悶えてしまった私。浣腸液がたっぷり注ぎ込まれたお腹はもう限界。我慢できずに男の目の前でしてしまって恥ずかしくて死にそうなのに、きっと私はいまウットリとした顔をしているはず。何て気持ちいいんだろう。乱暴にされればされるほど、私のヴァギナはビチョビチョに濡れていく。早く男の硬いペニスで突いてメチャメチャにして欲しい。私は自分の指でグイッと股間を広げて男をいざなった。これが本当の私だったんだ…。