外人のアレって凄いの

コミック

ハンサムな外人のジャンは、唇や手で愛撫しながら巧みに私の服を脱がしました。花びらの入り口から奥までじっくりと、太ももやアヌスまでも舐め尽くされて、あまりにも凄いクンニにをされて私は我慢できなくなりました。ジャンのアレは想像以上に大きくて、私の中に入るか不安でしたが、彼はいきなりその太いモノで奥まで突き、激しく出し入れしました。熱烈なクンニで充血しきった私のアソコは狂おしいほどに感じて、私は獣のように喘いでしまいました。ジャンを愛してしまった私でしたが、ジャンは私にさらなる快楽を与えようとしていたのです。