集まれ!ボクらの秘密基地 ~オトナに言えないナイショの遊び~ 8

コミック

「ようこそ、オレ達の秘密基地へ!」慣れない山歩きの後、楓太を待っていたのは新しく出来た友達<アキラ>のそんな言葉と、既に寂れて人気の無くなったキャンプ場だった。最初こそ緊張していた楓太だったが、笑顔で出迎えてくれた仲間たちを前に笑顔を見せる…が、しかし。いざ、遊ぶぞとなった時、皆が一斉に服を脱ぎだしたからさあ大変!驚き戸惑う楓太は、こんな事していいのかとアキラに問うが、「大人に駄目って言われる事は大概楽しい!」という力強い言葉にて反論を封じられる。かくして始まる、彼らの大人に言えないナイショの遊び…どんどんエスカレートしていく行為は、果たして彼らをどこに導くのか!?