The case of glasscase

コミック

山野辺薫、無職59歳。老いた母親と二人暮らし。彼の日常は近所の少女を自宅に連れ込み犯すことだけで埋め尽くされていた。だが、そんな毎日もある日警察が家に踏み込むことで終わる。押収されたビデオ、写真は21人分にのぼった。それを検証する警察官が吐き気すらもよおす鬼畜の所行だったが、山野辺の無知が幸いしてネットに流出しなかった。被害者の少女たちの中には警察官の顔見知りの子もいた。