Wで愛されて

コミック

半年間つきあったのに、いつもキスだけでお別れする彼、健一さん。私だって大人の女なのに、それだけじゃあもう我慢できなかったの。私から求めて健一さんに抱かれた時、幸せでいっぱいだった。彼に愛撫されて、アソコは潤い、舐められても舐められても溢れてしまったくらい。私は自分でも信じられないくらい大胆になって、健一さんのペニスを口で吸い、アソコに迎え入れて絶頂を感じてしまったの。数日経って、ひとりの男が私の部屋を訪ねてきて、健一さんそっくりなその男は、私を強引に押し倒して、アナルまでメチャメチャに犯して…。