酔わされて二人の男に

コミック

バイト先の会社の社員二人と食事しに行き、飲みなれないお酒を飲まされて、私はすっかり酔ってしまいました。私は親切に介抱してくれた二人を信用していたのに、男たちは初めから私の体を狙っていたんです。脱がされて乳首を強く吸われ、同時にもう一人にクリ○リスを舌先で転がされているうちに、私の体から力が抜けていきました。もう逃げられない。せめて避妊して欲しい。そんな最後の願いも叶わずに、男たちはナマで口とオマ○コにオチ○チンを入れました。それだけでは終わらずに、前の穴と同時に、全く経験のないアナルまで犯されて…。