あいらんど(12)

コミック

広く豪華な邸宅の中、美しい女たちに囲まれて過ごす六郎。母は蓄音機の奏でる音楽に耳を傾け、妹は無邪気に六郎を探す。その時分、六郎はローマ庭園を模した中庭で、女たちの一人と楽しんでいる最中だった。下品なジョークにあけすけなおしゃべり。彼女の前と後ろ、どちらも六郎専用となっている。アナルセックスのあと、六郎は彼女の肛門にホースを入れて水道の蛇口をひねる。彼女の腹はみるみる膨れ、そのあと激しく脱糞するのだった。