なつみの夏の日(3)

コミック

森下と初体験したユースケ。その余韻に浸っていると、窓から夏美が入ってきた。夏美はまた前のようにオシリの穴を見せに来たのだという。驚いたことに夏美は前貼りをしていなかった。初めて見る夏美のオマンコに興奮するユースケ。指で拡げてみると、その柔らかさと初々しさに、森下とは違った魅力をユースケは感じる。いじっているうちに夏美はだんだんと甘い悲鳴をあげ、やっとふたりは結ばれる。