催眠術で牝奴隷を手に入れる方法(6)

コミック

「催眠凌辱サスペンス」第6回。後催眠暗示により、亜美を催眠奴隷として手に入れた三村だった。亜美への催眠調教がいよいよ最終段階へと移行。三村はクラスメイトに対し「亜美は雌犬」という暗示を施す。いきなり犬畜生の扱いをクラスメイトたちから受け戸惑う亜美。抵抗する亜美だったが三村の催眠暗示で次第に雌犬であるという状況を受け入れ始めてしまう。そんな中三村はクラスメイトたちに亜美を輪姦するよう指示をだすのだった。