吐息は奏でられる

コミック

私は隣に住んでいる私と同い年くらいの女の子のオナニーをしている声を聞いてオナニーをしている。そんな、状況が続いたある日、彼女と一緒にお昼ご飯を食べることになり…