裏山のひみつ基地

コミック

裏山の秘密基地跡に佇む青年が一人。彼、拓海は少年の日を回顧する。彼がかつてそこで見かけた少女、依子もまた秘密基地を持っていると言った。彼女はそこで暮らしており、家にはいられない事情があるようだった。子供らしい遊びに興じる二人。しかし、日が暮れて拓海が帰ろうとすると、依子は彼をひきとめようと恐ろしいことを始めたのだった。