ころころ(6)

コミック

智恵のクラスでは、劇の配役を巡ってひと騒動。幸が自分が白雪姫の継母なのが納得いかないと騒いでいるのだ。もちろん主役は智恵、そして王子様は武内。リハーサルの舞台で武内は気が付く。自分にとって智恵は特別な存在だったのだ。つい乱交状態になってしまうクラスメートを横目に、武内はどうして自分の父親が母としかセックスをしないのかという理由がわかったような気がした。