私、アイドル目指します!~桃ノ木さくらの場合~ (5)

コミック

地下アイドルとして注目を集め始めたさくらと樹里。二人の前に有名プロデューサーの兼元が現れる。兼元に高級ホテルに案内され、嫌な予感がするも部屋に連れ込まれエロいコスプレをさせられてしまう。デビューのためとはいえ枕営業をすることを抵抗するさくら。アイドルになるために自ら進んでプロデューサーのものを口に含む樹里。身体を売らないとアイドルになれない…そんな絶望するさくらの元に現れた先輩。果たしてさくらはアイドルの道と先輩どちらを選ぶのか…?姫野こもも先生の描くシンデレラストーリー感動の最終回!