たゆたゆ(4)

コミック

翠鳥と紫穂、二人の間を揺れ動く怜治。家では翠鳥が待っているというのに、紫穂と4回もヤってたせいで、帰りがすっかり遅くなる。翠鳥の怒りを覚悟していた怜治だが、彼女は怜治が紫穂と腕を組んでいるのを見ても動じる様子がない。だが、翌日怜治は紫穂から翠鳥の様子がおかしいことを知る。家からいなくなったという翠鳥を探し求める怜治。ようやく見つけた彼女は水辺にいた。自殺かとあせる怜治だが。