あいらんど(11)

コミック

波の音で六郎は目覚める。この館は海が近いのだ。眼帯のメイド、七瀬が六郎のチ○ポをしゃぶっている。皆が食堂で待っていると七瀬が告げたにもかかわらず、六郎は七瀬を犯し、その様を壁の能面が静かに見下ろす。食堂では六郎をとりまく女たちが揃って朝食を待っている。食前の祈りの最中、双葉が六郎の股間を、テーブルの下から足でいじり、六郎は射精してしまう。廊下には皆が揃って描かれている肖像画があった。六郎はそれに違和感を感じる。その時、シスターの美里が……。