乙女の(勝手)心

コミック

松村は同じクラスの雛本が好きだった。だから雛本に荷物運びの手伝いを申し込まれただけで嬉しかった。しかし、雛本には片想いの彼、鈴木がいる。雛本は松村の自分に対する気持ちを知っていた。松村は自分のタイプとは言い難いが、その気持ちを利用して手伝って貰った、自分は酷い女だと雛本は泣き始める。そんな彼女に松村は、鈴木のことなんか忘れさせてあげるとHを迫る。最初は嫌がっていた彼女だが、松村に体をいじられているうちに、だんだん彼のことが好きになってゆく。