クリスマスサプライズ!!

コミック

今日は彼女の優衣と付き合い始めて初めてのクリスマス。僕はあえて彼女からのメールを無視した。それは彼女の部屋に潜んで、彼女に極上のサプライズを捧げるため……だったのに、優衣は他の男を連れ込んで、僕に無視された悲しみを癒していた。激しいセックスを窓から覗いていると、相手の男とつい目が合ってしまって、とんでもないことに。