冬の鼓動…

コミック

帰省した挨拶とお土産を渡しに、実家の隣りに住む友達のおばさん家へ寄ると、お茶に誘われ、家にあがってお茶をいただくことに。昔から変わらず綺麗なおばさんと、初めは昔話をしていたのだが、次第にアレの話になり、俺もおばさんもお互い一人で寂しく慰めてることが分かり、お互い勿体ないと…