ノケモノサマ

コミック

舞台は近未来、分子生物学の発展によって生み出された有機人造生物バイオロイドが社会で活動していた。しかし、中にはペットとして生み出されたロイドを違法投棄する者もいる。捨てられたロイドに里親が見つかることはまれだ。管理人の青年は捨てロイドのポチコにさまざまな訓練を施す。これも全て彼女に里親を見つけるためだ。ロイドたちは保護されて半年経過しても里親が見つからなければ廃棄処分が決定してしまう。そんなことにならないためにもポチコの訓練は続いたのだが……。