柔肌みだれ壷

コミック

旅の途中で雨に降られ、小屋で雨宿りする粋な女。若い男と一緒になり、気に入ってまぐわってしまう。一緒に旅を続け、金を稼ぐために女は身体を売るが、客の馬喰は女を縛って犯そうとした。淫乱な母の間男を刺した過去のある若い男は、馬喰を殺して…。「妖艶みだれ花」他に「色芝居」「弔い疼き」「痴色の夢」「金髪淫ら壺」「たたり化粧」「可憐花散らし肉」「熟れ尻磯巾着」「巫女肉体崩し」「穴詣でみそぎ肉」「比丘尼の柔尻」を収録した現代の浮世絵師が放つ、官能時代劇。