僕の出会ったエロ奥さん~教師船井さんの場合~

コミック

トラブルをよく起こす少年の母親。僕との面談では平身低頭だが…「このこと内申書に書かないで下さいね…そうしたらHしてもいいですから…」と僕の手をおっぱいに導き、懇願しながらムスコをまさぐりはじめたのでした。