濡桔梗-更沙-(3)

コミック

かつては、兄と妹として育てられていた、文人と更沙。だが、実子ではない文人は家庭が荒れることを避けるために、家を出ていった。今でも文人のことを想い慕う更沙。しかし彼女は、最近家に来た自分の家庭教師こそが、文人であることに気が付かない。だが、彼をみる度に兄のことが思い出されて仕方がない。文人への激しい気持ちが溢れだし、更沙はオナニーにふけるが、それは自虐的でマゾヒスティックなものだった。