優等性(4)

コミック

クラスメイトの一瀬さんは…走るのが苦手だ…。それは胸が巨大すぎるのだ…。そんな一瀬さんを屋上に呼び出しては、その巨大な乳房を舐め吸い、ギンギンになったチンポを挟んでもらうのだ…。