ワレメ島ハイスクール

コミック

わたしの名前はマラ・ゴーヤ。都会で教師をやっていたのだが1週間前このワレメ島に赴任してきた。今日はこのワレメ島の変わった風習をわたしの職場を通し、みんなに見てもらおうと思う。まずここに来て一番びっくりしたことだが…この島の女性はワレメを見せながら生活しなければならない…。