母は牝犬

コミック

「もうやめて」と懇願しているクセに、どうして音が聞こえるくらいにビショ濡れなんだ?これからもっといろんなことを教えてあげるよ。さあ、もっと感じてごらん。さらなる快楽をその体に刻み込んであげるから!