三文病棟

コミック

そこは大徳師と呼ばれる男を中心とした小さな宗教の集いだった。奇跡の水を飲み、少女と交わることで、少女の病は男たちに移り、その身は癒えるという。しかし、ある日同志の中から病院へ行こうとした裏切り者が出てしまった。娘を連れた父親は、詰め寄る同志たちへ向かって、自分の娘はリアルにガンなのだと告げる。