美人な義母と強気なクラスメート(9)

コミック

義弘は○い頃から父親とはあまり会話がなかった。母親が出ていったときも、美華が義母として家に来たときも、父からはなんの説明もなかった。そのせいか、義弘は美華と関係を持った今の状態にもさしたる罪悪感がわかない。しかし、彼女であるクラスメートの四宮には後ろめたい気持ちを抱いていた。自宅で義弘が美華と背徳的な快楽にふけっていると、突然父親が現れる。