制服○號(6)

コミック

海の家の看板娘、里中は明るくてキュートで抜群のプロポーション。だが、それだけに変な輩にも目を付けられやすい。閉店の支度をしているとナンパ男たちに無理矢理連れ出されそうになる。里中と一緒に働いている隼人はそいつらを撃退。童顔でチビの隼人が意外と強く、自分と同い年だったということに里中はびっくり。助けて貰ったお礼にと自分を差し出すが、それも隼人に恋をしてしまったから。小柄な隼人だけど、モノは大きくて里中もびっくり。