冬がさむくて

コミック

群青色の空の下、白い雪がはらりはらりと降り積もる、冬の日。寒い部屋の中で一人音楽を聴きながら、兄の帰りを待つ結衣。外から帰ってきた兄の体は冷えきっていた。それを暖める結衣の体。カーテンもない部屋で、二人は窓の外に降りしきる雪を見つめる。