たとえば母が(25)

コミック

挿入を焦らされ愛液まみれで欲しがる美晴。しかし榊の冷徹な質問は続く「年下の彼氏ってのは本当にいるのか?」「その子とは毎日してる?」心が折れながらも、目の前の快楽に溺れていく背徳の物語。ビデオ動画『たとえば母が(マドンナ)』はこちら!