かなしい気持ち

コミック

一人の少女をつけ狙う、怪しい男。実は彼は狼男。以前は人間社会にうまく溶け込んで暮らしていたが、痴漢の冤罪を掛けられてからは転落の一途。もうその少女を許せないと、復讐の鬼となり帰宅途中の少女を襲う。折良く空には満月。彼は文字通り狼に変身して夜道の暗がりで彼女を襲う。どうして自分がこんな目に遭うのか、何も悪いことはしていないのにと嘆く少女に、狼男は誰かに恨まれるようなことはしていないかと問う。