あるこリズム(26)

コミック

調子が悪いあるこを家において登校することにした住人。それを聞きつけたノキアは、あるこの代わりに一緒に学校へ行くとおおはしゃぎ。ケータイサイズから戻らないことを条件に許可した住人だったが…授業中にメール着信で、股間のところに居たノキアがバイブ作動!思わず勃起してしまった住人の肉棒を見たノキアは、ケータイサイズのままご奉仕開始!先走り汁をローション代わりに、全身を使ってヌルヌルプレイ!?