贖罪

コミック

夫とのセックスでは満たされない体の疼きを、オナニーで慰めていた母。圭は偶然それを見てしまう。オナニーしながら自分の名を呼ぶ母に、圭は体を求めたが、母はすぐにはそれに応じず、テストで良い成績を取ることを条件にした。一回だけ、誰にも言わないという約束で母と息子は禁断の一線を越えてしまう。自分さえしっかりしていれば大丈夫だという母の自負は、息子との熱い交接のなかですっかり解けてしまい、二人は快楽を貪るのだった。