あいらんど(7)

コミック

夫の棺の前で悲しみに暮れる未亡人、麗子。彼女は義理の息子ともう親子に戻れないかもしれないという懸念を口に出す。彼女を「お義母さん」と呼ぶ青年は不気味な面を着けながら、自らの裸体をさらけ出し、彼女にもうこのチ○ポなしでは生きていけないことを思い知らせる。荒縄で縛られ、夫の霊前で許しを請いながら、痴態をくりひろげる麗子。ついに彼女はアヌスからでる汚物で夫の遺体を汚してしまう。