夜のお散歩

コミック

甘野のペットは、学生時代の同級生だった、みく。卒業以来、彼女と会う機会もなかったが、偶然再会するとみくはなんだか元気がない。みくは、仔犬のようにご主人サマに甘えて、ご主人サマのことだけを考えていられる生活に憧れていることをつい口に出してしまう。その日からみくは甘野のペット。夜の散歩は素裸の上にセーター一枚。オシリには犬の尻尾も入れてある。トイレは当然植木の茂み。そして、甘野がいつもアナルだけにしか入れないことにはワケがあった。