アイマイ

コミック

幼い頃から兄と肉体関係のあった由佳。それは彼女にとって心地よいものであったが、兄に彼女ができたことで、改めて妹では恋人になれないのだと思い知ることに。兄と体を重ねて「私の方がお兄ぃちゃんのこと、気持ちよくしてあげられるよ?」と涙を浮かべてすがりつく。由佳はもう幼い頃とは違い、兄のお嫁さんになることは望んでいない。だが、兄が本当に自分のことを愛しているのかが気になるのだった。