濁り硝子

コミック

親戚の女の子をしばらく家で預かることになった。そして、何かが少しずつおかしくなってきた…夜中になると聞こえる気味の悪い鳴き声、僕の顔を見なくなった父さん…しかしそれは全てがここに集約されていた…