キミの瞳に欲情(コイ)してる 最終話

コミック

今日は冴の大学合格発表日。友人とファミレスで食事をしている学は、いつ冴からの朗報が入るかとそわそわしていた。しかし、合格したとしても、冴が受けたのは女子大。友だちの冷やかしもあって、学は自分が捨てられるのではないかという不安に包まれる。やっと冴から電話が来るが、それは単に「今日の夜会おう」というだけのもの。約束の時間よりもずっと早く待ち合わせ場所の校庭に学が行くと、冴は3時間も前からそこにいた。