僕の彼女は戦国武将!?

コミック

図書委員をしている佐奈先輩は戦国時代が大好き。上武はそんな彼女に憧れて図書室に通うようになっていた。ある日上武は、佐奈からとある戦国武将の本を薦められる。この町に昔実在したという鴇姫を扱ったものだ。その本を読みながら野原に寝ころんでいたら、なぜかそこに武将のいでたちに身を包んだ少女が現れる。彼女は傷つき、気を失っていた。とりあえず自分の家に連れ帰り手当をすると、彼女の意識はもどり、小摩姫と名乗る。