もぉ許して

コミック

美希がうちの学校に入学してから3カ月頃、彼女があたしにラブレターをくれたことが始まりだった。部屋に招き入れ、キスを迫ると、初めこそ嫌がりはしたが、それほど抵抗もせず身を私に捧げる。私は彼女の秘部に…