あいらんど(3)

コミック

ふらりと森の奥深くにある神社に立ち寄った少年、六郎は、見知らぬ美しく清楚な巫女に「おかえりなさいませ」と言って迎えられる。激しく六郎の体を求めて手と舌で六郎の股間を責める巫女、美里の秘所には華奢な体には不釣り合いなほどの張形が深々とねじ込まれていた。あられもない姿勢で大きく脚を広げて女陰を見せ、六郎のオチ○ポをねだる美里。六郎が前の穴を張形で、後の穴をチ○ポで二穴責めにすると、美里の嬌声はさらに高くなってゆくのだった。